rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

島田文雄 Fumio SHIMADA


1948年 栃木県佐野市に生まれる。
1973年 東京芸術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業。
1974年 第21回日本伝統工芸展入選。
1975年 東京芸術大学大学院修了。修了作品芸大資料館買い上げ。
      東京芸術大学陶芸講座非常勤講師となる。
      第15回伝統工芸新作展「日本工芸会会長賞」を受賞。
1977年 日本工芸会正会員となる。
1979年 銀座むね工芸にて初個展。以降2回開催。
1981年 日本橋三越第一回個展。以降隔年開催。
      伝統工芸武蔵野展「日本工芸会長賞」を受賞。
1983年 「今日の日本陶芸展」招待出品(スミソニアン国立博物館ヴィクトリア王立博物館)。
1985年 東京芸術大学陶芸講座助手となる。
1990年 東京芸術大学陶芸講座講師となる。
1992年 (財)日本航空協会「空の日芸術賞」受賞。
1993年 一年間イギリスを拠点に欧州14カ国研修旅行。
1994年 東京芸術大学陶芸講座助教授となる。
1995年 <躍動する栃木の陶芸一島田文雄展〉下野新聞社主催。
1997年 中央工芸美術学院招待教授、以降毎年1999年まで。
      盆栽の器展「優秀賞」受賞。
1998年 第5回、韓・日陶芸大学招待教授、慶煕大学(ソウル市)。
1999年 松本哲男・島田文雄兄弟展」佐野市民会館にて開催
      一栃木県佐野市教育委員会主催。
2000年 IAC(国際陶芸アカデミー)会員となる。
      江南大学(韓国)韓日陶芸大学招待教授。
      清華大学美術学院(中国)招待教授。
2001年 和光個展。
2003年 東京芸術大学陶芸講座教授となる。
      渋谷東急本店にて初個展。
      チェキ国際陶芸展(トルコ)招待審査員。
2004年 和光個展(第2回)。
      東亜国際交流展(中国北京 中国美術館)
2005年 日本橋三越第10回個展
      中韓日国際陶芸展(韓国ソウル ミラル美術館)
2006年 藤野屋第6回個展(栃木県佐野市)
      鶴屋百貨店第2回個展(熊本県熊本市)
2007年 さいか屋藤沢第2回個展(神奈川県藤沢市)

<収蔵先>東京芸術大学美術館、清華大学美術学院美術館(中国北京)、
        アナドール大学美術館(トルコ)、アリアナ美術館(スイス)、
        国際交流基金、佐野市文化会館、敦井美術館、東石美術館、
        岐阜県現代陶芸美術館。
<出品> 日本伝統工芸展、日本陶芸展、出石トリエンナーレ、
       国際陶芸展(中国、トルコ、ドイツ、韓国、アメリカ、メキシコ)
       埼玉県展(県知事賞)、千葉県展(県議会賞)。
<個展> 日本橋三越、千葉三越、新潟三越、福岡三越、米子高島屋、山形松坂屋、
       岡山高島屋、大阪心斎橋大丸、広島天満屋、宇都宮西武、熊本鶴屋、
       有楽町西武(高輪アートサロン)、高輪会・大阪ロイヤルホテル、
       現代工芸藤野屋・栃木県、工芸むら田・銀座、岡崎画廊・銀座、
       壷好・神田、下関大丸、さいか屋藤沢、和光・銀座、岡山天満屋、
       大沼・山形、福山天満屋、倉敷天満屋、高松天満屋、渋谷東急本店。
<刊行物>
ビデオ  「島田文雄の楽しい陶芸」一入門編(ビデオ全7巻)
     財団法人芸術研究振興財団、株式会社電通制作。
     <基本編><ひも作り編><ろくろびき編><型うち編>
     <たまつくり編><たたらつくり編><くりぬき編>
共著   「陶芸初級レッスン」視覚デザイン研究所
監修   「模様で楽しい陶芸」「絵付けで楽しい陶芸」「形で楽しい陶芸」
      「素材で楽しい陶芸」「初めて楽しい陶芸」視覚デザイン研究所
現在   東京芸術大学美術学部工芸科陶芸講座教授。
      IAC,国際陶芸アカデミー会員。日本工芸会正会員。
      東洋陶磁学会員。清華大学美術学院(北京)客員教授。
      国際陶芸教育交流学会会長。

退任記念展図録をこちらからご覧いただけます。

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.