rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

NEWS

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2019-04-17 (22 ヒット)
会期:4月21日(日)~27日(土)
時間:10:00~18:00(最終日17:00)
会場:瑞玉ギャラリー
    板橋区板橋2-45-11
    ☎03-3961-8984
    http://www.suigyoku.com/gallery.html

ごあいさつ
    春がやってきまして少しそわそわしています。みなさまお元気でしょうか。
    今年の個展は長いあいだ構想を膨らませてきた干支の十二神将を発表
    いたします。
    作るのがとっても楽しい作品でした。それから練り込みの作品を作りはじ
    めて10年ほど経つのですがようやく大きめの壺型の作品が割れずに成
    功しました。「石の上にも・・」という気構えがあったわけではないのですが
    ずっと続けていると
    ある日突然できるようになるものですね。ビックリしました。
    他にもぐい吞みや小皿なども明るい色のものでそろえました。
    ご来場いただけましたら幸いです。
                                    こばやしさわこ

   会期中『仏蘭西舎すいぎょく』にて、小林佐和子さんの器をひと品使った
   特別コースををお楽しみいただけます。

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2019-04-17 (23 ヒット)
会期:4月20日(土)〜28日(日)
時間:10:00〜19:00(水・木定休日)
会場:現代工芸藤野屋
栃木県佐野市浅沼町859
0283-23-0700
http://www3.to/fujinoya

出展作家:宮之原 謙、前田正博、高橋 紘、川瀬 忍、
       清水卯一、鈴木 治、佐伯守美、濱田庄司、
       河上恭一郎、古川隆久、富本憲吉、鈴木五郎、
       十三代坂田泥華、浦口雅行、清水美菜子、
       島田文雄、三代徳田八十吉、米田 和、隠崎隆一、

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2019-04-17 (23 ヒット)
会期:4月20日(土)〜28日(日)
時間:11:00〜19:00
会場:ギャラリー山咲木
☎︎03ー6661ー6865
半蔵門線:水天宮前7番出口徒歩3分
都営浅草線:人形町駅A3出口徒歩4分
日比谷線人形町駅A2出口徒歩3分

日々の暮らしを楽しく豊かにする漆を学び、それぞれの暮らし
を歩んんできました。四人四様に表現した展覧会です。
柴田克哉
出展作家:柴田克哉、茂田典子、新井宣生、久保万理子

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2019-04-06 (16 ヒット)
会期:4月5日(金)〜14日(日) 金、土、日のみ開催
時間:13:00〜19:00
会場:faro神楽坂
新宿区袋町5ー1 1階
http://faroaoyama.com/kagurazaka/
大江戸線牛込神楽坂A2出口徒歩3分
東西線神楽坂1番の出口神楽坂口徒歩6分
jr中央線、総武線飯田橋西口徒歩8分

18名の陶芸家、クリエイターが作品を発表致します。

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2019-04-01 (33 ヒット)
会期:4月4日(木)〜10日(水)
時間:11:00~19:00(最終日17:00)
会場:柿傳ギャラリー

ピーターさんは、丹波に住み、青磁を中心に作陶されるベテラン陶芸家です。
アメリカ生まれですが、日本語もとても達者で、藪内流の茶の湯と真摯に向
き合っておられます。
ピーター先生のご自宅にある小間の茶室の釜からたぎる湯気も素敵です。

ピーター・ハーモンさんが柿傳ギャラリーにおいて個展を開かれることを大変嬉しく思っております。
ピーター・ハーモンさんとは父・十三代の代からの長いお付き合いになります。
人懐っこいお人柄で研究熱心。聞くところによると、日本に来られ四十年ほど。丹波篠山の自然に魅了され、古民家を改築され、陶芸を愛し、茶道を愛し、我々よりも日本の伝統を深く愛し、そして現代に挑んでおられます。
作品は、シャープな形の中にもお人柄を感じるような優しい風合いが魅力です。
そして、日本における「用」の美しさや「使う」ということを大切にされる認識は深く重く、現代社会に忘れられている日本の本来の姿勢を想起させてくれます。
今回の展覧会で、ピーター・ハーモンさんの自然や伝統に向き合う感性に出会えることを今から楽しみにしています。

十四代 今泉 今右衛門

サムネイル
会期中の4月5日(金)と、6日(土)には、ピーター先生に席主をお務め頂く茶会も開催致します。
いつもの弊廊の大寄せの茶会とは打って変わって、今回は柿傳の小間の茶室「一与庵」での茶会です。
一与庵は三畳半台目なので、一席7名様限りとさせて頂いております。
いわゆる大寄せでは無く、お茶事の雰囲気を少しでも味わって貰いたいと、ピーター先生は意気込まれております。
私も未熟ながら半東として、両日共に、お手伝いさせて頂こうと思っています。
こちらもあわせて、どうぞよろしくお願い申し上げます。

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 42 »
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.