rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

NEWS

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-11-18 (19 ヒット)
会期:11月23日(月・祝)~12月6日(日)
時間:10:00~17:00(入館は16:30)
    11月30日(月)休館
会場:東京藝術大学美術館 陳列館1,2階
入館料:無料

色絵磁器で重要無形文化財保持者となった藤本能道が築いた「東京藝術大学の色絵磁器」
の伝統。藤本能道に直接指導を受けながらこの伝統を受け継ぎ、現代にふさわしい色絵磁
器の新たな地平拓いたのが、豊福誠です。豊福は1973年に東京藝術大学美術学部工芸
科に入学した後に陶芸を専攻し、大学院修了後も大学に残り非常勤講師、助手、助教授な
どを経て2007年に教授に就任、そして、2021年3月をもって退任なります。
そこで、このたび豊福誠 退任展「色絵磁器」を開催する運びとなりました。「釉裏銀彩」など
豊福独自の技法を駆使した作品群は、新たな時代にふさわしい色絵磁器として高い評価を
受けてきました。
ぜひ、東京藝大に受け継がれた色絵磁器の伝統の「今」をご高覧んください。

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-11-18 (12 ヒット)
会期:11月25日(水)~30日(月)
時間:10:00~19:00(最終日17:00)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-11-18 (17 ヒット)
NIPPONシリーズ② 「手から手へ」
豊福誠教授退任記念 歴代教員による作品展

会期:2020年11月20日 (金) - 12月13日 (日)
時間:10:00~18:00(休業日:下記)
場所:藝大アートプラザ


NIPPONシリーズと題して、日本の絵画や工芸を専門とする、東京藝大の研究室による展覧会を開催いたします。第二弾では陶芸研究室の歴代講師・助手による作品を展示販売いたします。同時期には陳列館にて豊福誠教授退任記念展が開催されます。

作家の「手」によって作られた作品は、使う人の「手」に受け継がれ磨かれます。師の「手」の仕事は、それを学び合う仲間に受け継がれ、新たな作品を生み出します。手から手へ、継承と展開の様相をご高覧ください。

2020年11月20日 (金) - 12月13日 (日)
入場無料
休業日 11月24日(火)、30日(月)、12月7日(月)

【出品作家】
石井寿郎、井戸川豊、榎本洋二、正親里紗、大藪龍二郎、奥田康夫、苅込華香、北郷江、 越範広、佐々木誉斗、佐藤典克、茂田真史、島田文雄、セキグチタカヒト、田中隆史、髙岡太郎、 髙橋侑子、豊福誠、中嶌雄里、西村圭生、樋口拓、平井雅子、 廣瀬義之、帆足桂、 前沢幸恵、三上亮、望月集、百田輝、山本直紀、山本裕里子、吉田周平

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-11-14 (17 ヒット)
会期:11月21日(土)~11月28日(土)
時間:11:00~18:00(最終日17:00)
会場:ギャラリー山咲木

陶とうるし、それぞれ違う工芸の分野で活動を続ける
お二人に、日常使いの器を中心にご制作いただきま
した。二種二様の異なる素材がおりなすハーモニーを
お楽しみください。
                      ギャラリー山咲木

投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-11-14 (13 ヒット)
会期:11月17日(火)~11月23日(月)
時間:10:00~18:00(最終日16:00)
会場:そごう横浜店 6階美術画廊

「どんな土でも焼物になる」「省力化、簡略化せず、出来るだけ古来の
方法で取り組む」地元長野県の土を使い制作を続ける作家の、3年ぶ
り4回目の個展を開催します。陶芸の道に入り30年の節目の年になる
今回の個展、焼き締め陶の魅力あふれる展開をどうぞお楽しみください。

(1) 2 3 4 ... 73 »
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.