rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ

未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ
投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2022-12-21 (22 ヒット)
会期:2022.12.17(土) - 2023.01.23(月)
時間:9:30~16:30(入館16:00)
    2023.1.8.12~16 休館
会場:MOA美術館

縒舟(2014制作)
◇わが国が誇る工芸技術の一つである「陶芸」は、時代とともに技法や表現が多様化し、今日まで著しい進化を遂げてきました。とりわけ昭和戦後期以降には、陶芸家の創作活動が活発になり、意欲的な作品が次々と発表されています。
本展は公益社団法人日本工芸会陶芸部会の50周年を記念し、伝統陶芸の活動の歩みと多彩な展開を紹介するものです。歴代人間国宝の名品をはじめ、草創期に勢力を二分した日展や伝統の世界に刺激を与え続けている陶芸家の作品、さらには新進作家らの最新作を取り上げ、その歩みと未来へとつなぐ陶芸の技と美を137名の陶芸家による作品で紹介します。
https://www.moaart.or.jp/events/miraihetunagutogei/...
» 未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ | MOA美術館 | MOA MUSEUM OF ART
MOAART.OR.JP
» 未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ | MOA美術館 | MOA MUSEUM OF ART
わが国が誇る工芸技術の一つである「陶芸」は、時代とともに技法や表現が多様化し、今日まで著しい進化を遂げてきました。とりわけ昭和戦後期以降には、陶芸家の創作活動が活発になり、意欲的な作品が次々と発表され…

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.