rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

The Fourth Dimension うつわの未来へ

The Fourth Dimension うつわの未来へ
投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2022-01-24 (65 ヒット)
主催:益子町文化のまちづくり実行委員会、益子陶芸美術館
後援:下野新聞社、とちぎテレビ、栃木放送、エフエム栃木、真岡新聞社

開催期間 2022年1月18日(火)-3月27日(日)
休館日 月曜日(祝休日の場合は翌日)
開館時間 午前9時30分~午後4時 [2〜3月は午後5時まで](入館は閉館30分前まで)
入館料 大人600円(550円)、小中学生300円(250円) 
*( )内は20名以上の団体 / 65歳以上は300円(要証明)
ご利用案内|アクセス

うつわ(器)はやきものの一番基本となる姿かたちをしています。古今東西さまざまな作り手が、それぞれの文化と深く結びつきながら、うつわの制作に挑戦してきました。益子国際工芸交流事業と連携した本展覧会では、近代の巨匠作品を含む益子陶芸美術館コレクションと、いま現在活動を展開している作家の作品、国内外あわせて33名による約50点を展覧し、陶芸における器形の表現のあり方を見つめます。ここでのうつわとは、必ずしも実用陶器を意味するものではありません。形状としての器形(口縁を持ち、内側と外側の造形によって成り立つかたち)を追求する作家や、器形を陶の生成プロセスと絡めながら哲学的な次元で捉える作家の作品にも注目します。
21世紀に入って20年が経過しました。20世紀から今世紀にかけて、陶芸において何が変化し、何が変わらないのか ― 二つの時代が交差する現在だからこそ浮かび上がる問いに基づき、五つの観点から展示を構成します。

出品作家(敬称略):安藤 郁子、泉田 之也、伊藤 剛俊、加守田 章二、川井 雄仁、河井 寬次郎、黒田 泰蔵、肥沼 美智雄、五味 謙二、近藤 高弘、澤田 勇人、髙内 秀剛、高橋 奈己、戸田 浩二、長倉 翠子、芳賀 龍一、橋本 知成、服部 真紀子、濱田 庄司、松永 圭太、美崎 光邦、三原 研、安永 正臣、吉田 喜彦、カリーナ・シスカート、エドモンド・ドゥ・ヴァール、ジャック・ドハティ、ウォルター・キーラー、クリス・キーナン、サン・キム、ジェニファー・リー、ジュリアン・ステア、ピーター・ヴォーコス

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.