rss ログイン
陶磁研究 やまぼうし会  - (旧 日本陶磁芸術学会東京藝大支部)

Kogei Dining 工藝×食

Kogei Dining 工藝×食
投稿者 : 037戸松令子 投稿日時: 2020-10-08 (26 ヒット)
会期:10月25日(日)~12月6日(日)
時間:9:30~16:30
会場:MOA美術館

出展作家:今泉今右衛門、梅本孝征、奥山峰石、氣賀澤雅人
       鯉江廣、小枝真人、佐伯守美、佐藤典克、鈴木徹
       田口義明、足立剛、前田正博、松井康陽、室瀬和美
       望月集、森岡希世子、若尾誠

【Kōgei Dining 工藝×食】
12月4日(金)16:00~20:00
和食処「花の茶屋」、トシ・ヨロイヅカ
参加費:¥30,000 (申込受付中下記にて)
工芸と食文化の親和性や、“ 用の美”を体感するイベントを金沢・熱海で開催致します。

日本博主催・共催型プロジェクトのひとつである「Kōgei Dining」は「工藝2020-自然と美のかたち」の関連企画として開催される体験型プログラムです。

鑑賞するだけでは知ることができない工芸の持つ”用”の美しさを、食事会を通じて参加者自身の手で確認していただける貴重な機会となります。

また、会場内では、作家本人による解説とともに作品を鑑賞でき、展示作品は購入も可能ですので、終了後も工芸のある生活をお楽しみいただけます。

MOA美術館では、和食処「花の茶屋」、トシ・ヨロイヅカのスイーツ店など日本文化の一環として食の活動を進めています。

特に各店舗では有機農法産野菜を用いた食材を積極的に取り入れて、熱海の地場産のお食事を提供しています。

重要無形文化財「蒔絵」保持者である室瀬和美氏がデザインした器にて鎧塚氏によるディナーを提供します。

プログラム
・トーク
(登壇者:内田篤呉氏、室瀬和美氏、鎧塚俊彦氏)
 ゲスト:中田英寿氏
・工芸作品展示鑑賞
・食事会(鎧塚俊彦氏によるディナー)

[ 出展作家 ]
今泉今右衛門氏 / 梅本孝征氏 / 奥山峰石氏 / 氣賀澤雅人氏 / 鯉江廣氏 / 小枝 真人氏 / 佐伯守美氏 / 佐藤典克氏 / 鈴木徹氏 / 田口義明氏 / 保立剛氏 / 前田正博氏 / 松井康陽氏 / 室瀬和美氏 / 望月集氏 / 森岡希世子氏 / 若尾誠氏

※「Kōgei Dining」を開催に伴い、「和食・甘味 花の茶屋」「La Pâtisserie du musée par Toshi Yoroizuka」は店休日です。ご了承下さい。

詳細はこちらから
https://www.kogei-dining.com/



明治23年創業の金沢の老舗料亭旅館「金城樓」は、130年にわたり「金沢の迎賓館」として、美しく華麗な百万石文化の贅と粋を伝統の加賀料理を通じて、提供しています。本イベントでは、その伝統の加賀料理に合う日本酒を厳選。金沢を代表する工芸作家による酒器にてご提供いたします。日本の古き良き伝統を心ゆくまで味わい尽くす貴重なひとときをお楽しみください。


金沢会場
開催概要


日時
2020年10月31日(土)11:00~17:30

会場
金城樓(石川県金沢市橋場町2-23)

プログラム
[ トーク ]
- 武腰 敏昭 氏<陶芸家、日本藝術院会員、金沢学院大学特任教授>
- 中川 衛 氏<工芸家、重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)>

ファシリテーター
-室瀬 和美 氏<漆芸家、重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝)>

[ 食事会 ]
伝統の加賀料理を日本酒と共にお召し上がりいただきます。

[ 工芸作品展示・鑑賞会 ]
金沢を代表する工芸作家11名による作品展示・鑑賞会
吉田幸央、大樋年雄他

[ 国立工芸館/石川県立美術館 展示鑑賞 ]
10月25日オープンの国立工芸館にご招待

参加費
おひとり様 20,000円(税込み)
[ 料金に含まれるもの ]
(1) 食事代(ランチ)
(2) 飲料代(食事中の日本酒、ソフトドリンク)
(3) 国立工芸館/石川県立美術館 入館料
※金城樓から国立工芸館、及び、国立工芸館から金沢駅までは無料送迎バスをご用意いたします。

工芸作品展示・鑑賞会について
- 展示品の販売を行います。
- ご購入いただいた作品は、別途郵送にてお送りすることも可能です。

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.